FC2ブログ

環境問題調査室

環境問題のニュースを総合して紹介し、環境問題に関連する記事をひろい集め、環境問題への意識を高めていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

リサイクル市場拡大 テイツーなどファンド設立

【10月中旬頃入荷予定】【予約】オシャレになった!チャージプラスNEO(FOMA&SOFTBANK3G用/ブラ...
 西日本地域を中心に古本や中古のCD、ゲームソフトを販売する「古本市場」を手掛けるテイツー(岡山市)は13日、住信インベストメントと共同でベンチャーファンド「テイツー“もったいない”ファンド」を設立すると発表した。テイツーがノウハウを持つリサイクル関連のベンチャー企業を対象に投資する。資金面や経営面のサポートだけでなく、ベンチャー企業との連携を深め、リサイクル関連市場の拡大と企業価値の向上につなげていく考えだ。

 同ファンドの規模は5億円で、そのうちテイツーが4億9500万円、住信インベストメントが500万円を出資する。期間は2014年12月31日までを予定している。

 投資先候補に関する調査や投資後のモニタリング、業務管理などは業務執行組合員である住信インベストメントが担当。一方、投資先企業の選定や決定はテイツーが行う。両社は役割を分担しながらも密接に連携をとり、上場する可能性がある企業を発掘していく。

 テイツーは「再使用(Reuse)」や「資源再利用(Recycle)」「消費削減(Reduce)」の3R関連が事業の柱。リサイクル関連事業を展開する優れたベンチャー企業を発掘することで、事業領域の拡大にもつなげていく計画だ。
(引用 yahooニュース)



スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<成都:パンダの野生化飼育研究が本格化 | 環境問題調査室 | 重慶:2010年までに20%以上の省エネ実現>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 環境問題調査室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。