FC2ブログ

環境問題調査室

環境問題のニュースを総合して紹介し、環境問題に関連する記事をひろい集め、環境問題への意識を高めていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

重慶:2010年までに20%以上の省エネ実現

ノジマ:ファサームPRO R 手曲チタンV TYPE-SC フルエキ マフラー / ZZR1400/ABS (06-)【野球優...

新華社重慶:重慶市は省エネ型社会の建設に力を入れている。2010年までに、同市の各行政機関での水、電気、ガス等のエネルギー消費量を、2006年比で20%以上削減する計画だ。
重慶市委員会・政府は先ごろ、「省エネ型行政機関建設のさらなる強化に関する意見」を発表。資源節約のモデル行政機関を設立し、資源節約制度、基準システム、投資管理システム、組織協調システムを立ち上げ、節約目標達成のための管理システムを構築する、としている。
同意見はこのほか、(1)行政機関のオフィスビルを建設する際には省エネ建設基準を満たすこと(2)各行政機関は燃費がよく、排ガス量の少ない環境配慮型の車を購入し、使用すること(3)節約を日常的に心がけること(4)資源の節約を促すメカニズムを構築すること、なども要求している。
06年、重慶市の各行政機関の1人あたり電力消費量は、05年比で103.7キロワット(2.9%)、水の1人あたり消費量は10.9トン(11.3%)削減された。しかし、機関ごとに節約システムの構築水準はまちまちで、一部機関では節約の考えが浸透していないところもある。資源の浪費は、今もなお問題となっている。
【翻訳編集:JCBB(H.A)/G-SEARCH】


(引用 livedoorニュース)



スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<リサイクル市場拡大 テイツーなどファンド設立 | 環境問題調査室 | 自動車用触媒の貴金属使用量 マツダ、最大90%削減>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 環境問題調査室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。