FC2ブログ

環境問題調査室

環境問題のニュースを総合して紹介し、環境問題に関連する記事をひろい集め、環境問題への意識を高めていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

南北首脳会談:「NLLとDMZの一部を平和地帯に」

E・ko チェスト
 韓国政府は、来月2−4日にかけ開かれる南北首脳会談で、軍事的衝突が発生する可能性の高い西海(黄海)の北方限界線(NLL)と非武装地帯(DMZ)の一部を「平和地帯」に変えるよう求める案について検討中であることが27日、分かった。 政府当局者は同日、「最後の冷戦地帯の象徴である陸地と海の軍事的対峙ラインを平和地帯と定める案について検討する可能性がある」と話した。また、DMZの一部を平和生態公園とし、南北間の軍隊をそれぞれ後退させる案や、NLLの周辺を平和水域と定め、出入りする軍艦数を統制、通過する際は互いに知らせる案もともに検討するという。実際に、人の出入りが少ないDMZには、貴重な動植物が数多く生息している。こうしたことから、鉄原や坡州一帯が「平和公園」の候補地となっている。しかし、陸地と海の平和地帯は、南北間の軍事的信頼関係が構築されない限り、偶発的衝突を引き起こす可能性が否めない。政府当局者は「列車の運行と同様で、北朝鮮軍部の同意がカギとなる」と話している。 また、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と金正日(キム・ジョンイル)総書記が平壌で松の木を共に植える計画についても話し合われているという。この松の木は、漢拏山の土と白頭山の水を象徴していることから、平和と統一のシンボルになるとのことだ。植林場所については現在調整中。安勇(アン・ヨンヒョン)記者

(引用 livedoorニュース)



スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<基準310倍のダイオキシン 北九州 ごみ焼却工場排水から | 環境問題調査室 | メリハリ配分焦点 概算要求 総額88兆9207億円>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 環境問題調査室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。