FC2ブログ

環境問題調査室

環境問題のニュースを総合して紹介し、環境問題に関連する記事をひろい集め、環境問題への意識を高めていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

災害用伝言ダイヤルや災害用ブロードバンド伝言板の体験利用者は4%程度

2人用ドームテント★キャンプにも★防災にも【落札SA0925】
ネプロジャパンと連結子会社のネプロアイティは、2007年9月28日、両社が携帯電話コアユーザーの意見を収集・報告している「モバイルレポート」の最新報告として、「携帯電話と災害II」と題した調査結果レポートを公開した。

【画像が掲載された記事】

アンケート方法はiモード、Yahoo! ケータイ、EZweb 公式サイトの「ザ★懸賞」上でのアンケートを利用。アンケート期間は2007年9月6日 AM 10:00~9月7日 AM 3:00。有効回答数は3,931人、回答者の属性は、性別が男性:42%、女性:58%、年齢は19歳以下:3%(116人)、20代:34%(1,360人)、30代:45%(1,725人)、40代以上:18%(730人)。

災害時、連絡を取ったことがあるかどうかについては、取ったことがあるユーザーは29%。具体的には、「直接電話をかけた」15%、「メールを送信した」12%、「携帯の災害用伝言板を利用」2%。携帯の災害用伝言板の利用は、通話やメールと比較すると少ない。

すぐに相手へ繋がったかどうかについては、「繋がった/返事が来た」21%、「繋がらなかった/返事が来なかった」8%という結果で、すぐに繋がったという回答が多かった。

災害に情報を得る手段としては、「web」30%、「電話」27%、「メール」19%に期待が寄せられ、以下は「ラジオ」8%、「ワンセグ」6%という結果。「携帯電話を利用しない」は10%であり、約9割のユーザーが災害時に携帯電話は有効な情報手段と捉えているようだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<県営住宅から暴力団員排除 県が条令改正案 | 環境問題調査室 | 市長賞に近大豊岡高の山本さん かばんデザインコンテスト>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 環境問題調査室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。