FC2ブログ

環境問題調査室

環境問題のニュースを総合して紹介し、環境問題に関連する記事をひろい集め、環境問題への意識を高めていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

【フランクフルトモーターショー07】ホンダ アコードツアラー、じらさないで

ノジマ:ファサームPRO 手曲チタンV スリップオン マフラー / ZZR1400/ABS (06-)

ホンダがフランクフルトモーターショーで発表した『アコード・ツアラー・コンセプト』は、既に発売された北米仕様とは異なる、日本と欧州に来年中頃登場する次期『アコード』のイメージスタディモデルだ。

次期アコードに採用されるニューシャーシは、ワイドトラックになり、室内空間の拡大と共にハンドリングの向上にも寄与する。ヨーロッパでは、セダンとツアラー(ワゴン)の2ボディタイプをラインナップ。

エンジンは2.0リットル、2.4リットルの2種類のガソリンと、2.2リットルのディーゼルで、構成は現行を踏襲するが、出力、燃費、排ガス対策等、すべてが向上。2008年から導入される「ユーロ5」規制もクリアしているという。

日本でデザインされた日欧の次期アコードは、すでに量産型ができ上がっている。今回出展されたコンセプトモデルは、「エモーショナル・テック」という次期アコードのデザインテーマにそって、ホンダのショーカーらしい先進的でスポーティなエッセンスを加味。ドイツのデザインスタジオでショーカーに仕立て上げたものだ。

次期アコードのセダンとワゴンの量産モデルは来年のジュネーブモーターショーで正式に発表される。




(引用 livedoorニュース)



スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<妊婦搬送拒否:初調査に混乱 産科以外の事案も含む--県が公表 /埼玉 | 環境問題調査室 | <北京五輪>公式スポンサーにオゾン層保護を要求―中国>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 環境問題調査室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。