FC2ブログ

環境問題調査室

環境問題のニュースを総合して紹介し、環境問題に関連する記事をひろい集め、環境問題への意識を高めていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

マツダ財団、2007年度の研究助成を決定

いーぐる⇒ ニッケル水素電池【充電式電池★】 TOSHIBA

今年度は、全国の大学・研究機関等から347件の応募があり、その中から「科学技術振興関係」として公募30件に助成金額3300万円を決定した。また「青少年健全育成関係」として公募7件に助成金額500万円の研究助成を決定した。

合計は37件、総額3800万円で、昨年度より100万円増額となる。

今年度の科学技術振興関係の研究助成では、マツダ財団が重点をおく「循環・省資源に貢献する研究」で次世代の動力源として期待されている、固体高分子形燃料電池の実用化に向けて寒冷時での問題解決を目指す「氷点下起動時における燃料電池多孔質電極内水分の凝結・凍結挙動の3次元計測と能動制御技術の開発」などに助成する。

青少年健全育成の研究助成では、青少年健全育成にかかわる市民活動の活性化に役立つ実践的な研究を助成対象とした。「河川環境モニタリングを取り入れた地域住民主体の児童対象環境学習プログラムの開発」などに助成する。

一方、2008年度青少年健全育成のための市民活動支援については、10月から広島、山口両県で募集を開始する。




(引用 livedoorニュース)



スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<【フランス】川崎重工、欧州向け4車種を発表へ | 環境問題調査室 | 【コラム】 世界のミツバチが行方不明!その真相と影響に迫ってみた!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 環境問題調査室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。