FC2ブログ

環境問題調査室

環境問題のニュースを総合して紹介し、環境問題に関連する記事をひろい集め、環境問題への意識を高めていきたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

温室ガス削減 信金・病院も目標設定 政府計画見直し方針了承

視覚的にも風情のある苔ですが、屋上緑化や壁面緑化として使用することで、地球温暖化現象や大...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000089-san-soci
 政府は2日、地球温暖化対策推進本部を開催し、京都議定書目標達成計画の見直しに向けた基本方針を了承した=写真。温室効果ガス排出量の伸びが著しい業務部門、家庭部門の削減対策を抜本的に強化するため、現在、自主行動計画を策定していない信用金庫や証券会社、病院なども計画を策定することなどを盛り込んだ。年末までに、追加する計画や数値目標などの検討を進め、今年度中に新たな議定書目標達成計画を閣議決定する計画だ。

 日本は京都議定書で、2008年から12年までの平均で二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを1990年比で6%削減することになっている。しかし、05年度の温室効果ガス総排出量が90年比7・8%増となっていることなどから、計画見直しを迫られていた。

 基本方針では、目標達成に向け、生命保険や外食産業、倉庫業などは新たに数値目標を設定するほか、化学や石油、住宅製造は現在の目標を引き上げることなどを盛り込む。また、住宅・建築物に関する省エネ性能の向上や、中小企業の排出削減対策の推進、各地域の取り組み強化などの具体策を追加する考えだ。

 福田康夫首相は、「国際的にリーダーシップを発揮する上でも、京都議定書が掲げる(温室効果ガスの)6%削減目標を確実に達成することが必要だ」と述べ、鴨下一郎環境相など7大臣に対策強化の具体案を検討するよう指示した。これを受け政府は今後、鴨下環境相と町村信孝官房長官、甘利明経済産業相、高村正彦外相、若林正俊農水相、冬柴鉄三国土交通相、額賀福志郎財務相が中心となり、達成計画の見直し作業を本格化する...

ニュースの続きを読む



スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<バイオ燃料給油所 始動 福岡県でプレナス フライ油を再利用 | 環境問題調査室 | 日野スカニア…新長期排出ガス規制に適合、新型エンジンで低燃費化も>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 環境問題調査室 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。